Home > One Day at Eorzea > あてもなく、ただ歩いた

あてもなく、ただ歩いた

目的を決めず、心の向くまま、風の吹くままにただ歩いた。
そんな日がたまにあっても、何の問題もない。